ハンドピュレナの使用方法

ハンドピュレナの使用方法&こうすればさらに実感できる!

 

このページでは、ハンドピュレナ正しい使用方法と、さらに実感するためにはどうすればよいかのコツ・ポイントを紹介します。

 

きちんと実感するためにチェックしておいてくださいね!

 

 

●正しい使用方法

 

ハンドピュレナは、1日2回、「日中の都合のよい時間」と「寝る前」に使ってください。

 

 

日中に使うタイミングは、ハンドピュレナを塗った後すぐに、水に濡れてしまうと美容成分が流れてしまいますので、水に濡れないタイミングが良いですよ。

 

しばらく家事をしなくて良いタイミングを選んでくださいね。

 

 

寝ている間は、肌が整う「シンデレラタイム」。

 

この間に、手肌に美容成分をたっぷり与えて、効果をより実感することができるんですね。

 

 

また、ハンドピュレナは、発売前に、第三者機関(外部機関)によるモニター調査が実施されています。

 

効果を実感することができるのかどうか「評価試験済み」!

 

1日2回、朝晩に適量を使って試験されているので、ハンドピュレナは1日2回使うようにしないといけないんですね。

 

 

 

また、ハンドピュレナには、小さな粒が含まれています。

 

この粒は「ビタミンE誘導体(トコフェロール・保湿成分)」配合のカプセル。

 

ビタミンEは、不安定で、水に溶かしてしまうと効果が少なくなってしまう点があるんです。

 

だから、カプセル状にして配合されているんです。

 

このことも、ハンドピュレナで実感できる秘密の一つなんですよ。

 

 

●効果をさらに実感するためのポイント

 

<ポイント@>

 

ハンドピュレナを使うのに、手が塗れたままだと、水分とクリームが混ざってしまって、ハンドピュレナ本来の力を発揮することができなくなります。

 

ハンドピュレナを使う際は、乾いた手に使うことを守ってくださいね。

 

 

 

・使用手順1

 

最適な量は「両手でパール大(直径1cm)」です。

 

いちどにたっぷり使ったからと言って、効果をさらに実感することができるわけではないので、使用量を守ってくださいね。

 

 

 

 

・使用手順2

 

左右の手の甲をあわせ、クリームをのばします。

 

手の甲の全体に広げて下さい。

 

 

 

 

・使用手順3

 

最後に、手のひらで包み込むように、温めながらハンドピュレナをなじませます。

 

温めると、美容成分の浸透が良くなります。

 

このポイントが大切になってきます。

 

 

 

 

<ポイントA>

 

ハンドピュレナの基本の使用方法は上記です。

 

そして、さらに実感するためのポイントがあります!
それが・・・ハンドピュレナを使った後の「ハンドマッサージ」なんです!

 

美容成分を肌に浸透させることができて、血流を良くすることができます。

 

 

・ハンドマッサージ手順1
手の甲を軽く押さえ、親指で3回ほど円を描くように全体を優しくマッサージ。

 

 

 

・ハンドマッサージ手順2
指の付け根の部分(指と指の間)を、親指と人差し指ではさみ、2回ずつずらすように優しくマッサージ。
親指から小指の順におこないます。

 

 

 

・ハンドマッサージ手順3
最後に、指を1本ずつマッサージ。
上下左右に交互にはさみながら、2回ずつなぞるようにずらしながら優しくマッサージ。

 

 

 

反対の手も、これらの手順@〜Bを同じようにおこなってください。

 

 


※下記の動画は音声が出ます。音量に注意してください。

 

※1日2回のマッサージができない場合は・・

 

基本的な使用方法プラス、上記のマッサージをおこなうのが良いですよ。
ただ、毎回マッサージをする時間が取れない方もおられるかもしれませんね。
そんな方は、1日2回のケアのうち、1回だけでもマッサージをすると良いですよ。

 

 

これらのポイントは、ハンドピュレナに同封されている「使い方 BOOK」にも掲載されています。

 

ハンドピュレナを購入した方は、そちらも参考にしてみてくださいね。

 

コチラ⇒手が若いと、気分もあがる!エイジングケアに!ハンドピュレナ公式