ハンドピュレナはアトピー肌で安心して使える?

ハンドピュレナはアトピー肌で安心して使える?販売元に聞いた!

 

 

老け手用のエイジングハンドケアクリーム「ハンドピュレナ」を使ってみたい方の中には、アトピー肌の方もいらっしゃると思います。

 

私もアトピー肌なので、スキンケア化粧品を買うときには、アトピーでも使えるのかはいつも気になります。

 

ですのでここでは、ハンドピュレナがアトピー肌でも使えるのかについて紹介します。

 

 

販売元に聞いた!アトピー肌に使える?

 

ハンドピュレナを購入するとき、私もアトピー肌でも使えるのかについて調べてみました。

 

ただ、残念ながら、ハッキリとした答えは見つかりませんでした。

 

どうしようか・・・と思っていた時に「ハンドピュレナを販売しているメーカーに直接聞いたらどうだろう」と思って、ハンドピュレナを販売している「北の快適工房」に直接問い合わせて聞いてみることにしました。

 

そして、その回答をもらうことができました!

 

ただ、その回答のメールの文面をコピーして掲載することは禁止されていますので、回答のポイントをお伝えしますと・・・

 

■ハンドピュレナはアトピー肌でも使えます。

 

■ただ、肌には相性があるため、事前に全成分は確認してください。

 

■心配な方は、肌の目立たない部分にまずは使って、異常がでないか確認してください。

 

■アトピーのひどい部分、傷になってしまっている部分には、使用しないでください。

 

ということでした。

 

 

私は実際にハンドピュレナを使い続けていますが、アトピーが悪化したり、肌トラブルが出たりすることはありませんでした。

 

ですが、肌には個人差がありますし、アトピーの状態にも個人差がありますので、上記の回答の通りに、注意しながら使うといいでしょう。

 

 

ハンドピュレナは、第三者機関より「パッチテスト試験済み」なんです。

 

さらに「エタノールフリー・パラベンフリー・紫外線吸収剤フリー」。

 

ですので、敏感肌の方も安心して使うことができます。

 

 

ただ、どんな化粧品でも、肌との相性が合わない、という場合もあります。

 

ですので、使う前にはしっかり全成分を確認して、心配な方は、まずは肌の目立たない部分に使用してみて「赤み・肌荒れ」などの異常がでないか確認してから使うようにするといいですよ。

 

※全成分はこのページの一番下に掲載しています

 

 

もし、肌に異常がでてしまった、肌に合わない、という場合でも、ハンドピュレナには「25日間の全額返金保証」が付いていますので、商品代金を返金してもらうことができます。

 

ですので、アトピー肌でハンドピュレナを使いたい方は、上記の点に注意していただいて、使用してみるといいですよ。

 

★⇒割引価格の最安値でお試しできます!ハンドピュレナはこちら!

 

■全成分こちら
水、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ナツメヤシ種子エキス、スイゼンジノリ多糖体、クロレラエキス、ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン、3−ラウリルグリセリルアスコルビン酸、クダモノトケイソウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アスコルビン酸、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム−51、ヒドロキシプロリン、アルギニン、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ベルガモット果実油、レモン果皮油、ラベンダー油、カニナバラ果実油、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、セルロース、カルボマー、ジメチコン、シリカ、乳糖、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、デカステアリン酸ポリグリセリル−10、PEG−60水添ヒマシ油、ウンデシレン酸グリセリル、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄

 

★エタノールフリー・パラベンフリー・紫外線吸収剤不使用