老け手対策

【老け手対策】効率よく自分でできる方法とコツを紹介!

 

老け手、手の老化を感じている方!

 

手が老化すると、しわが増えたり、肌のハリが失われて手の甲の血管が目立ってしまったり。

 

また、手肌が乾燥して、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

 

手が老けて見えると、実年齢よりも年をとったように見られてしまいますから、きちんとお手入れするようにしましょう。

 

 

どうすれば、老け手対策をしてきれいな手に近づくことができるのか、自分でできる正しいお手入れの方法を紹介していきます。

 

 

 

手の老化「老け手」3つの原因&悪化させないためには?

 

老け手の原因は、主に3つあります。

 

@手肌の乾燥
A紫外線
B女性ホルモンの減少

 

下記に、それぞれ詳しく紹介していきますので確認してみてください。

 

@手肌の乾燥を防ぐ!

 

仕事柄、水を使うことが多い方や、家事の機会が多い主婦の方は、肌の皮脂が落ちやすかったり、手が濡れたままにしておくと乾燥して、肌の水分が蒸発するときに必要な水分までなくなってしまうことも。

 

肌が乾燥すると、肌の保護機能が働きにくくなり、肌トラブルの原因となってしまいます。

 

もし、肌の保護機能が正しく働いていれば、外部刺激から角質層が守ってくれ、肌の水分はキープされるはず。

 

 

ですが、乾燥によって肌の保護機能が低下している状態では、肌の水分が逃げてしまい、しわ・しみ・肌の再生機能の乱れが起こり、手がどんどん老化して老け手になってしまうんです。

 

その為に、手の肌の乾燥を何とかしないといけません!

 

 

 

<水仕事の際には、ゴム手袋を着用!>

 

水仕事で手を乾燥させないように、ゴム手袋を着用すると、水や洗剤に肌が触れることがないのでオススメ。

 

今は、ゴム手袋や薄いビニール手袋など、色や長さの種類も豊富に販売されているので、好きなものを選ぶと水仕事も楽しくできるかもしれませんね。

 

 

<手についた水分は、きちんとふき取る!>

 

水仕事の後や、手を洗った後に、水分をきちんとふき取っているでしょうか?

 

肌に水分が残ったままで放っておくと、水分が蒸発するタイミングで、肌に必要な水分まで一緒に蒸発してしまいます。

 

手が濡れてしまったら、水分をタオルやハンカチで拭き取るようにしてくださいね。

 

 

<低刺激の石鹸・ハンドソープで>

 

アルコール消毒や、除菌ソープが多く販売されていますが、使い過ぎは良くありません。

 

肌荒れのもとになり、老け手を進めてしまいます。

 

どうしても使痛い場合は、刺激の少ないものを使うようにしてくださいね。

 

A紫外線から肌を守る!

 

紫外線は、肌の内側に届いて、深刻なダメージを与えてしまいます。

 

肌の保護機能がダメージを受けると、老け手が進み、しわ・しみ・たるみ等の肌荒れが起こってしまいます。

 

少しの外出でも、しっかり紫外線対策をしてください。

 

手軽にできる紫外線対策は「手袋」「日焼け止めクリーム」が挙げられます。

 

手のひらがメッシュになった手袋や、色々な長さのもの、UVカット手袋もたくさん種類がありますから、好きなものを選んでみてくださいね。

 

※⇒⇒UVカット手袋、これがオススメ!

 

 

日焼け止めクリームは、刺激の少ないものが良いですね。

 

塗り忘れ防止のために、玄関に置いておくと良いかもしれません。

 

ポンプ式のものだと、サッと塗ることができて便利です。

 

※⇒⇒低刺激の日焼け止めクリーム、これがオススメ!

 

B女性ホルモンが減ると、老け手が進んでしまう!

 

40代以降になると、女性ホルモンの減少が気になりますね。

 

卵巣から分泌される「エストロゲン」は、肌のハリやぷるんとした肌をキープする働きや、保湿成分のコラーゲン・エラスチンなどを生成します。

 

加齢によって、女性ホルモンが減ると、エストロゲンも減ってしまい、肌のハリやぷるぷる感が減ってしまい、肌の老化が進みます。

 

 

手の肌も同様です。

 

女性ホルモンは、エイジング対策には欠かせないものなんです。

 

 

その女性ホルモンですが、年齢とともに分泌量は減る一方で、増やすことは不可能です。

 

ただし、女性ホルモンの「コントロール」や「補充する」ことは可能!

 

女性ホルモンの「補充療法」や「よく似た成分をとる」方法はありますが、ここでは、今すぐ始められる対策を紹介していきます。

 

 

 

◆食事バランスを整える

 

健康面でもそうですが、栄養のバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌量にも良くありません。

 

「肉・魚・大豆のタンパク質・野菜・炭水化物・質の良い油を少し」。

 

これらをバランスよく摂ることが大切です。

 

発酵食品(納豆等)や、食物繊維・オリゴ糖などで、腸内環境を正常にすることも良いですね。

 

 

◆質の良い睡眠!

 

睡眠不足や、ぐっすり眠れていない状態は、自律神経のバランスを崩してしまうことに。

 

女性ホルモンの分泌量にもよくありません。

 

規則正しい生活を心がけて、睡眠時間は7時間が理想的。

 

質の良い睡眠の為に、寝る1時間前にはテレビやスマホを見ず、リラックスできる環境をつくると良いですよ。

 

 

◆適度な運動を心掛ける!

 

適度な運動は、血行&代謝を良くしてくれます。

 

女性ホルモンにも良い影響を与えてくれますよ。

 

ハードな運動を始めるのは大変ですから、ウォーキング、ストレッチ、ヨガなど、続けやすい運動を試してみてください。

 

 

◆ストレスは上手に発散!

 

ストレスも、女性ホルモンの分泌量に関係してきます。

 

楽しい!と思えることや、好きなことができる時間をもつことは、ホルモンバランスを正常にすることにもつながります。

 

ストレスをためない、上手に発散することで、手の肌だけでなく老け手対策、肌の若返りには効果的です。

 

 

老け手には「保湿」が大事!

 

老け手対策に大事なのは「保湿」も挙げられます。

 

肌が乾燥すると、肌荒れにつながりますから、しっかり保湿するようにしましょう。

 

ハンドクリームを塗るのが手軽で良いですね。

 

ただし、老け手を感じている方は、一般的なハンドクリームでは不十分です。

 

 

一般的なハンドクリームは、肌の乾燥を防いで、潤いをチャージするのには良いですが、手が老化してしまっている場合にはあまり効果は感じられません。

 

手の老化が進んでしまっている方には、「老け手対策に特化したハンドクリーム」がオススメ!

 

老け手に特化したハンドクリームの良いところは・・・

 

・手の保湿ができる
・手のハリ・しわに効果が期待できる
・血管が目立つのを気にならなくできる

 

 

ハンドクリームを塗るだけだから、手軽に続けられるのも良いですね。

 

水仕事の後や、寝る前に毎日塗って、しっかりお手入れをしてくださいね。

 

※⇒⇒老け手対策に特化したハンドクリームの詳細!

 

 

ハンドマッサージで老け手対策!動画あります

 

ハンドマッサージをすることで、手の血行が良くなります。

 

ハンドクリームを塗るたびにマッサージをするのは難しいかもしれませんが、時間があるときは是非、試してみてください。

 

ハンドマッサージ方法は、下記の動画がオススメですから、チェックしてみてくださいね。

 

 

※音声が出るので、音量に注意!

 

 

老け手対策を続けられるか心配!

 

ここまで、老け手対策について、詳しく紹介してきました。

 

手軽にできるものばかりですが、いざ始めようとすると時間がなかったり、面倒だと感じたり、続ける自信がない方もおられるかもしれません。

 

あれも、これもと頑張ると、結局続かない場合も多いですからね。

 

 

老け手ケアは、短期間で結果が出るものではありません。

 

毎日、きちんと続けていかないと、効果を感じることは難しいので、できることから少しずつ始めてみることをオススメします。

 

 

水仕事にはゴム手袋を着用する、日焼け止めクリームを塗る、老け手対策専用のハンドクリームを塗る、など人それぞれ続けやすいことは違うでしょうから、自分に向いている方法を探すのも良いですね。

 

1つ習慣にできたら、また1つ始めてみるなど、だんだんとお手入れを増やすことができたら良いですね。

 

一度、習慣にできると「しないと落ち着かない」状態になると思います。

 

その状態になれば、しめたもの。

 

 

私の場合は、老け手対策専用のハンドクリームを塗ることが、毎日続けられています。

 

1日2回、水仕事がひと段落した後と夜寝る前に塗るだけだから、カンタンなんです。

 

ぜひ、毎日の手肌ケアをできることから始めてみて下さいね。

 

※⇒⇒老け手対策専用のハンドクリームはここをチェック!